キャリア支援

成長力日本一を掲げる初年次教育

「4年後に責任を持つ大学」をして、社会人(企業人・教員・公務員等)になるために必要な力を身につけるための初年次教育に取り組んでいます。

頑張るあなたを、本気でサポートします。


初年次教育部長  林 紀行

高校生から大学生になる皆さんが、
4年後、社会で活躍するために。

高校生活を終え、大学生活をスタートするあなたにとって、 IPUでの4年間が大きな実りのあるものであってほしい。 大学生活の前半で学生たちを支えるメンターは、こうした想いのもと、 時には指導者として、時には人生の先輩として、 学生たち一人ひとりの成長する力を引き出します。 メンターは、元小学校教員や、日本のスポーツ界を牽引してきたアスリートなど、 さまざまな分野の第一線で活躍してきたメンバーたち。 “成長力日本一”を掲げるIPUの初年次教育では、こうしたメンターが中心となり、 4年後、皆さんが社会で成功するための“基礎体力づくり”を全力で支えます。

メンター

自立的に大学生活を送り、大学での4年間を大きな実りのある時間としてほしい。皆さんを大学生活全般で支援するメンターたちは、こうした想いのもと、良き相談者として“一人ひとりの成長する力”を引き出します。メンターは、元小学校教員や、日本のスポーツ界を支えてきたトップレベルの競技者、外国人教員ら、得意分野をもつ個性的なメンバーがずらりと揃います。

初年次教育での取り組み

フレッシュマンセミナー

フレッシュマンセミナー

月曜日の90分間で現代社会を見聞する

将来に向けてどのような選択肢があり、どういった道筋をたどるべきか。全1年生対象のキャリア形成のための授業では、教職員や先輩をはじめ、経済、教育界、スポーツ界など多様な分野の第一人者が講師として登壇。あなたのキャリアプランを設計する上での、大きな足がかりとなります。

基礎ゼミ

基礎ゼミ

4年後を見据えたIPUの名物ゼミ

各20名の少人数クラスで、就活力を鍛える基礎ゼミ。将来に向けた現場見学や訪問実習を行うほか、討議やプレゼンテーションに欠かせない「主体的に考える力」・「コミュニケーション力」を身につけていきます。1年次にスピーチコンテスト、2年次にはプレゼンテーションコンテストを実施します。

一年次スピーチコンテスト

1年次の初年次教育の成果を発揮する場となる「スピーチコンテスト」。クラス予選を勝ち抜いたメンバーが、ひとつのテーマをもとに全学生の前で発表。“いかに聞き手をひきつけられるか”というスピーチ力を競い合います。

二年次プレゼンテーションコンテスト

初年次教育の総括ともいえる「プレゼンテーションコンテスト」。全員が参加し、テーマに沿ってプレゼンテーションし、クラス予選、学科予選を勝ち抜いた人は本選に挑戦する権利が与えられます。